芸能人 ニュース

芸能人やじうまニュース

スポンサードリンク

宮迫博之らがエールを送る映画『ベイブルース』が芸人の間で話題に。「全国制覇して河本栄得の夢を叶えたい」

読了までの目安時間:約 8分

 

今、お笑いコンビ“雨上がり決死隊”の宮迫博之さんなど

関西の芸人を中心に、「あの映画、観た?」と

話題になっている映画があるそうです。

 

 

しかも、映画の事情を知っている芸人たちは、

見ると必ず号泣してしまうんだとか。

 

 

その映画とは…→ geinou ranking

 

 

映画『ベイブルース~25歳と364日~』が、先日行われた

沖縄国際映画祭で披露されました。

 

 

この映画は、雨上がり決死隊など、大阪NSC7期生の同期で、

関西で大人気だった漫才コンビ“ベイブルース”を題材にした映画です。

 

 

ベイブルースは、かつて雨上がり決死隊や千原兄弟、

ナインティナインに先駆けて、関西では

天下を取ったと言われていたそうです。

 

 

ですが、ボケを担当していた河本栄得(え いとく)さんが

劇症肝炎で25歳で急死してしまいました。

 

 

そして、ツッコミを担当していた高山トモヒロさんが、

今回の映画の監督を務めたんです。

映画祭で公開されて以来、宮迫博之や高山と親交の深い音楽プロデューサー・つんく♂らがツイッターなどで映画の情報を発信し、当時の人気を知らない若者や関西以外のファンの間でも話題になりつつある。原作は09年に出版された高山の同名小説。書籍の“帯”の文章で、千原ジュニアが「業界関係者に告ぐ。是非映画化を」と呼びかけたことでも話題になったが、舞台化を経て、いよいよ映画化された形だ。

(引用元:井上公造芸能)

ベイブルースの漫才 オールザッツ漫才1991 【動画】(外部サイト)

 

 

これだけ多くの人に支持されて作られたというのは、

すごいことですよね。

 

 

しかも、すでに舞台化もされていたんですね。

 

 

佐村河内守さんの問題で、最近ゴーストライターという

言葉が注目されていますが、今回の映画の原作である同名の小説は、

高山トモヒロさんは自力で書きあげたんだとか。

 

 

仕事の合間に携帯に少しずつ文字をうち、ある程度

まとまったところで編集者にメールするという方法で、

小説を書きあげたそうですよ。

 

 

そして、芸能リポーターの中西正男さんは、 この小説の

企画段階から、相談を受けていたそうなんです。

「実は、ベイブルースの小説を書こうと思ってるねん。今さらやけど、河本のお母さんに『あなたはこんなに立派な息子を産んだんですよ』というのが言いたいと思って。それをやるんやったら、本やと思うんやけど、どう思う?」「そもそも、文章って、どうやって書いたらエエんやろ?」「こんなんって、書いてから出版社に持って行ったらいいんかな?それとも、書く前に相談した方がいいんかな?」

 

僭越(せんえつ)ながら、記者としての経験とツテを伝え、毎週のように進捗状況を聞きながら、小説の完成を見守ってきた。

(引用元:井上公造芸能)

 

高山トモヒロさんは、相方だった河本栄得さんのことを

本当に大切に思っているんですね。

 

 

そして、今回の映画化にあたって、高山トモヒロさんは、

同期の中で特に仲の良かった宮迫博之さんには、あえて

映画化の話をしないで、こっそり撮影をスタートしたそうです。

 

 

というのも、宮迫博之さんは、ベイブルースの映画出演となれば

どんなに忙しくても駆けつけてしまうような人なんだとか。

 

 

だからこそ、負担にならないように、伝えなかったそうなんです。

 

 

ですが、そんな高山トモヒロの元に、ある日

宮迫博之さんから連絡がきたそうなんです。

「おい、タカ!!なんで映画のこと言わへんかってん!!気を遣ったんか!?ベイブルースの映画を作るのに、オレが関わらないなんてありえへん。出るのが今からは無理やったら、現場の雑用でも、台本の誤字チェックでも、なんでもエエからオレにやらせてくれ」と思いをぶちまけられたという。結果、原作にはない、河本さんらが住むアパートの大家役を作り、急きょ宮迫が演じることになった。

(引用元:井上公造芸能)

 

宮迫博之さんは、友情に熱い人ですね。

 

 

そして、ベイブルースの河本栄得が、どれだけ

仲間から慕われていたかがよく分かりますね。

 

 

映画の中で披露するネタは、実際にベイブルースが

使っていた本物のネタなんだとか。

 

 

そのため、当時のベイブルースを知る芸人さん達は、

 

ホンマに、こんなんやった…。あまりにもベイブ ルースそのままで、切なくなった

 

と、映画を見ると号泣してしまうそうなんです。

 

 

多くの芸人やタレントから支持され、当時を知る芸人が見ると

泣いてしまう映画『ベイブルース~25歳と364日~』。

 

 

小説版も多くの人の心に感動を与えていました。

 

 

きっと、映画版も素晴らしいできなんでしょうね。

 

 

監督を務めた高山トモヒロさんは、

 

「ベイブルースでは、全国制覇はできませんでしたけど、この映画で全国制覇して、河本の夢をかなえてあげたい」

 

とコメントしていました。

 

 

ぜひ、夢がかなうと良いですね。

 

 

公開は、河本栄得さんの20回目の命日である

今年10月31日の予定だそうですよ。

 

 

今から公開が楽しみですね。

本日の注目芸能ニュース

●江角マキコ逮捕か!長嶋一茂の妻との壮絶なママ友イジメ合戦で、研音の元マネージャーに「バカ息子」と落書きを強要!
ブログランキング3位 芸能スクープ、今旬ナビ!!

●城島茂が連日の美女お持ち帰り!毎日のようにたこ焼きバーで泥酔三昧で24時間マラソン完走はほぼ絶望的…?
ブログランキング8位 Johnny's Watcher

●市原隼人、向山志穂の妊娠発覚も入籍日が決まらない裏事情!“新宿ショップデート”目撃も
ブログランキング15位 芸能7days

★芸能ニュースをもっとみる⇒人気ブログランキングへ

★芸能界の裏話⇒芸能裏話・噂ランキング

★芸能人のブログを探すなら⇒芸能人ブログ全集

★芸能人のうわさがいっぱい⇒芸能界のう・わ・さ!!

★面白い話題がたくさん⇒芸能広場

 

この記事に関連する記事一覧

スポンサードリンク

お気に入り登録はこちら
次回から簡単にアクセスできるようになります↓↓↓

 

RSSやソーシャルメディアに登録できます↓↓↓
カテゴリー
プロフィール

当ブログはヤフカテ登録サイトです


運営者:スクープセブン


ご訪問ありがとうございます。

当ブログは、アイドルやジャニーズ、女優や俳優など芸能人の最新情報やスクープ、裏ネタを発信しています。
中には、「まじで!?」という情報もあるかと思いますが、うわさとして楽しんでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。



■相互リンクや質問はこちらからお願いします⇒お問合せフォーム


管理人からのお知らせとお礼

メタ情報
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

 

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


芸能界のう・わ・さ!!

芸能人ブログ全集

芸能広場

スポンサードリンク
今日の人気記事 TOP15

まだデータがありません。

タグ
エンタメ系お友達サイト
2ちゃんねるまとめ
その他リンク
お友達ブログ